足廻り

NAS_image_suspension

主なサービスメニュー
サスペンション交換
サスペンション仕様変更
ブッシュ交換 リフレッシュ等
ブレーキキャリパー 各社取付
ブレーキキャリパー オーバーホール
4輪アライメント

サスペンションチューニングは、正解はないチューニングだと考えます。オーナー様の求めるのがスタイルなのか、ハンドリングのレスポンスアップなのか、リヤまわりのドッシリ感なのか色々な意見があるはずです。
車より、大きく方向性が違ってくるでしょうし、オーナー様のドライビングスタイルでも大きくアドバイスする事は変化します。ただ、大切なのは、アライメントを含めてサスペンションチューニングは進めたいということです。
タイヤの減り方が気になるだけでのご相談でも気軽に声をかけて下さい。アルミホイールの選択からタイヤの選択とサスペンションチューニングという無数の組み合わせの中から、一番正解に近い答えが見えてくるように、オーナー様とご一緒に考えていきたいと思います。
ブレーキに関しましても、走るステージ、車重、理想のフィーリングがあると思います。
ブレーキパッドやローター交換はもちろん、よりスポーツ走行を楽しむオーナー様には、エンドレス、apレーシング等のキャリパーキットもおススメしております。走る、曲がる、止まるの「止まる」の部分もしっかりと考えていくことが大切です。
経験豊富なメカニックが、芯出し等、しっかり行い取り付け作業させていただきます。是非、ご相談下さい。

150108nakanihon001
エンドレス製のブレーキキットになります。
エンドレスといえば、鮮やかなエンドレスブルーですがこちらのお客様は、レクサスSC430の方になりますが、オプションのレッドアルマイトにして、小文字のエンドレス文字、ローターはeスリットに変更して、ベルハウジングはシルバーのアルマイトにオリジナルな仕様に変更しております。
色々とご相談にのります。
6ピストン、エンドレス独特なローターのベーンの多さがよく分かる写真です。ブレーキパットは青いです。

150107nakanihon011
GTRのお客様の中でも、装着したいNo.1なブレーキキットです。αpレーシングのブレーキキットは素晴らしいペダルタッチにフィーリングになります。
やはり、剛性が物凄くちがいますので、色々なブレーキを使用したりしてますが、αpレーシングならではの価値があるかと思いますよ

Comments are closed.